熊本地震の現地の現状と地震での課題

市議団にて 熊本地震発生後の道路等の復旧状況について現地視察に。
震度7の地震が立て続けに2回発生(観測史上初)余震は4000回を超えた事等により、道路の亀裂、陥没、沈下等の被害箇所は、約7400箇所、橋梁の被害は約650箇所と多く、復旧工事の査定や業者への委託の重複、業者の確保の課題等を伺いました。

なかなか想定し難い災害に どう備えるか、課題を学びました。
また、熊本城の復旧工事の現場も視察しました。文化財を復旧、保存の現状と被害の大きさを目の当たりにしました。
慣れない災害対応に動く職員の方への分かりやすいマニュアルや道路や橋梁に関する建設業や道路舗装、測量設計コンサルタンツ等との協定に基づいた活動課題も学ぶ視察になりました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ずっと全力!! 河野ゆかり

Author:ずっと全力!! 河野ゆかり
活動の記録をブログで公開しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR